林檎と歯

虫歯を防ぐ歯科の治療テク|健康トゥース通信

初期治療はフッ素で治す

医療器具

人間の歯はとても大事な物です。歯がないと食事の際に物を噛み砕いたり、噛み切ったりすることが出来なくなってしまいます。健康で長生きしたいと考えている人は、毎日歯をケアしましょう。
歯のケアで一番効果があるのは、歯磨きです。歯磨きを毎日正しく行なうだけで虫歯を防ぐことができます。池袋の歯科医院では歯を失う原因の約4割が虫歯という調査結果が出ています。逆に今まで虫歯になったことのない人は100人中4~5人程度しかいません。池袋の歯科医院の調査結果からも分かるように虫歯のケアが出来てない人が多くいます。
最近は虫歯になる原因は虫歯菌だけではないことがわかっています。虫歯になる人は、虫歯菌の割合と、唾液の量と質、フッ素、食事、歯の質等沢山の要素のバランスが崩れると虫歯になるとわかってきました。そのため、池袋の自宅で毎日ケアしても虫歯になる可能性はあります。一度虫歯になると自然に治ることはありません。虫歯になったら早めに池袋の歯科医院で診てもらいましょう。
早めに歯科医院に行くことで、フッ素で虫歯を治すことも出来ます。歯の表面の色が変わってきている場合は、初期虫歯の可能性があります。しかし、初期虫歯は歯科医院でフッ素塗布で解決出来ます。歯を削ったり抜いたりすることはないのです。フッ素を永久歯が取り込むことでエナメル質と結びつき硬い層を成形します。乳歯よりも永久歯はフッ素を吸収し易いので、虫歯初期にはとても有効的な治療です。この方法は一度覚えると池袋の自宅でも簡単に出来ます。